芸能人

ヒコロヒーのデビューはいつ?いつ売れてきっかけは何だった?

ここ最近のお笑い界で注目度が急激にアップしている

女性ピン芸人ヒコロヒーさん。

テレビ・ラジオ・youtubeなどなど、

ここ1~2年、いろいろな場所でよくお見掛けするようになりました。

そんな注目度急上昇中のヒコロヒーさん。

果たしていつデビューして、どんなキッカケで売れたのか?

今回はそのあたりに迫ってみたいと思います!

ヒコロヒーのデビューはいつ?

ヒコロヒーさんがデビューしたのは2012年。

近畿大学の落語研究会に入っていたヒコロヒーさんは

学園祭でコントを披露したところ、

その舞台を見ていた松竹芸能の社員さんに声をかけられ、

松竹芸能の養成所に入らないかというスカウトを受けたそうです。

一回だけの舞台で、業界の人にセンスを認められるなんてスゴいですね!

ただもともとはプロの芸人になるつもりはなく、

普通に就職するつもりだったヒコロヒーさん。

それでも「松竹芸能だったら(映画会社の)松竹とも縁ができて役に立つかも」と思い

軽い気持ちで通い始めたそうです。

でもその養成所の同期にAマッソやきつねという、

今もいろいろなネタ番組で活躍するメンバーがたくさんいて

その人たちと仲良くなったのがキッカケで

プロへの道を本気で志すようになり

2012年に大阪でデビュー。

2014年4月から松竹芸能の東京支社に移籍して、現在に至っています。

ヒコロヒーはいつ売れた?きっかけはあのネタ

ヒコロヒーさんが業界で大きく注目されはじめたのは2019年

「M-1グランプリ」に松竹芸能の先輩芸人・みなみかわさんと

即席コンビ・ヒコロヒーとみなみかわを組んで出場し

(「おいでやすこが」のお2人みたいなカンジですね)

3回戦まで進出したことがキッカケでした。

そのネタではヒコロヒーさんが「男芸人みたいな女芸人」

みなみかわさんが「女芸人みたいな男芸人」を演じて

日ごろヒコロヒーさんが抱いている、

「男性上位」なお笑い界への不満をふんだんに

盛り込んだネタを演じられたそうです。

そのネタをテレビ東京の「ゴッドタン」に出演して

披露したことでお笑い界、またその他の業界からも一気に注目されて

一気にブレイクにつながったそうです。

ヒコロヒーの現在の活躍ぶり

今ではテレビ・ラジオ・インターネット

さまざまな媒体で大活躍中のヒコロヒーさん。

今年(2021年)4月からスタートした、

日向坂46の齊藤京子さんと共演しているレギュラー番組「キョコロヒー」

テレビ朝日の深夜バラエティーの人気投票「バラバラ総選挙」で1位になるなど、

快進撃ぶりを見せています。

またいろいろな芸人さんからお金を借りる(←笑)公式youtubeチャンネル

「ヒコロヒーの金借りチャンネル」も人気です。

(でも最近の大活躍ぶりでお給料も上がり、

総額200万ほどあった借金を完済されたとか!スゴいですね!!)

 

ヒコロヒーの売れるきっかけについてのまとめ

ヒコロヒーさんがいつ何をキッカケに売れたのかまとめてみました。

去年あたりから一気にイキオイに乗っているヒコロヒーさん。

持って生まれたセンスと

ブレイクまでに培った経験を活かして、

今後も大活躍してくれるハズです。

これからも見ているボクたちをいっぱい楽しませてほしいですね!(^o^)

最後まで読んでいただきありがとうございました!