東京オリンピック2020

福岡堅樹の祖父も医者だった!祖父の病院の場所はどこで大学病院か調査

ラグビー福岡堅樹選手は引退後、医師への道を目指すことを公言し、2021年、順天堂大学医学部に合格しています。

ラグビーであれだけの活躍をしながらも、医学部受験のための勉強もするのは、並大抵の事ではないと思います。

まさに文武両道ともいえる福岡堅樹選手ですが、そのように育った背景には医師家系である家庭環境もあるのでは、と言われています!

医師の道を目指したのは歯科医である父親と内科医である祖父の影響も大きいのではないでしょうか。

今回は、福岡堅樹選手の祖父である崎村正弘さんについて調べてみました。

福岡堅樹の祖父も医者だった

祖父も医者をやっているそうです。父方ではなく母方の祖父が医者で、内科医だったようです。

名前は崎村正弘さんというそうです。

福岡堅樹選手が医者という職業を目指したのは、高校時代に膝を故障したときにお世話になった整形外科医の影響が大きいと言われています。

でも子供のころから、医者として人に貢献し、感謝される祖父や父親の姿を見ていたからというのも当然あるのでしょう。

福岡堅樹の祖父の病院の場所はどこで大学病院か調査

崎村正弘さんは開業医で、内科の医師をやられているといいます。

調べてみると、福岡県宗像市にある「崎村医院」の院長の名前が崎村正弘さんとなっています。

おそらくその医院の院長が、福岡堅樹選手の祖父でしょう。

現在は開業医ですが出身大学は大学病院の可能性もありますね。

福岡堅樹の祖父の出身大学は?

残念ながら福岡堅樹さんの祖父の出身大学については確実な情報が見つかりませんでした。

でも崎村正弘さんで検索してみると、岩手医科大学で論文が出てきます。

出身大学は岩手医科大学である可能性がありますね!

福岡堅樹の祖父も医者だった!祖父の病院の場所はどこで大学病院かについてのまとめ

ラグビー日本代表、福岡堅樹選手の実家は歯科医院で、父親が院長を務めています。

父親は福岡堅樹選手に「医者になれ」と言ったことはないそうですが、福岡堅樹選手は医師への道に進むためキッパリと引退し、勉強に専念することを公言していました。

そして見事、順天堂大学医学部に合格も果たしています。

そしてなんと、祖父である崎村正弘さんも内科医で、福岡堅樹選手が医師家系であることがわかっています。

母方の祖父である崎村正弘さんは、福岡県宗像市で「崎村医院」という内科医院を開業しているようです。

現在、開業医で大学病院ではありませんが、出身大学は岩手医科大学である可能性があります。

祖父や父親の背中を見て自身も医師への道を目指し、文武両道の険しい道をたどっている福岡堅樹選手の姿は多くの人に勇気を与えていると思います。

これからも夢をかなえるため、走り抜けて欲しいものですね!

 

ABOUT ME
umeyamada
30代の三児のママです。毎日、ドタバタ子育てしながら気になることを調べていきたいと思います。