芸能人

おいでやすこがの結成理由とネタが気になる!経歴やプロフを紹介

2020年12月20日のⅯ-1グランプリにファイナリストして『おいでやすこが』が出演します。

もともとはピン芸人だった二人は、それぞれ℞-1の決勝進出経験者です。

そんな二人がコンビ結成した理由とは何だったのでしょうか?

今回はおいでやすこが』がピン芸人からコンビ結成に至った理由や二人のプロフィールについてお伝えしていきます。

おいでやすこが(芸人)のプロフィール

写真 左:こがけん 右:おいでやす小田

名前こがけんおいでやす小田
本名古賀憲太郎(こが けんたろう)小田芳裕(おだ よしひろ)
担当ボケ担当ツッコミ担当
生年月日1979年2月14日(41歳)1978年7月25日(42歳)
血液型A型A型
出身福岡県京都府
身長178㎝173㎝
体重60kg56kg
所属吉本興行吉本興業
予備校NSC東京校7期生NSC大阪校23期生

こがけんさんは大学時代の同級生「かんし」とコンビを組んでいましたが、2012年に解散しそれ以降ピン芸人として活動されています。

おいでやす小田さんは、西森洋一(現:モンスターエンジン)と蛇腹というコンビを組んでいましたが解散

2001年以降はピン芸人として活動されています。

こがけんのピン芸人時代のネタ

細かすぎて伝わらないモノマネ選手権にもよく出演されるこがけん

YouTubeでは細かすぎるモノマネ動画を投稿しています。

思わずオチのタイミングで落下してほしいと思ってしまいます。

さらに、なんと!歌も歌っていらっしゃいます。それがこちら↓

2018年10月17日に配信を開始しているこの「死亡フラグの唄」は

ハリウッド映画の作品の中で命を落としていった登場人物へのリスペクトを込めて、こがけんさんが作詞作曲した歌です。

歌がうまくて驚きです!作曲も出来るなんて、活動の幅が広がりそうですね!

おいでやす小田のピン芸人時代のネタ

独特のキレ芸が持ち味の「おいでやす小田」さんの持ち味が生きているネタでした。

面白くないと言われる一方で、ファンも多くR-1グランプリ出場の際には

応援するTwitterも多く見られました。

以前、俳優の斎藤工がお気に入り芸人の一人として挙げたりファンが一定数いる

存在感のある芸人さんの一人です。

おいでやすこが(芸人)の結成理由

引用:https://sirabee.com/

2人ともピン芸人で活動しており、ともにR-1グランプリで決勝進出経験者の2人

おいでやす小田はⅯ-1グランプリのたびにゆりあんレトリーバーや、吉本新喜劇の奥重敦史とコンビを組んで出場していました

2019年はゆりあんからコンビ結成の話がなかったそうです。

そこで、R-1グランプリの決勝出場を機にこがけん」と仲良くなっていた「おいでやす小田」は

Ⅿ-1グランプリ出場のために「こがけん」に声をかけコンビ結成したそうです。

また、R-1グランプリの出場資格変更に伴い2人はR-1に出場できなくなっています

それもコンビ結成の理由のひとつのようです。

コンビ結成理由をまとめると

  • 2019年R-1グランプリで仲良くなった
  • R-1グランプリの出場条件が変更になり、2人とも出場できなくなった
  • Ⅿ-1グランプリ出場するためにコンビ結成した

2019年にコンビを結成し、Ⅿ-1グランプリ2019年3回戦敗退。

しかし、すぐに解散することはなくYouTubeちゃんねるを立ち上げコントなどを動画投稿しています

見た目も雰囲気も似ている2人は年齢も同じくらい。

コンビ解散経験を経てピン芸人で活動しているということもあり、お互いの良いところを生かしたネタを作りだせるのかもしれません

おいでやすこが(芸人)の漫才ネタは?

結成して2年程度とは思えないほど息の合ったネタを披露されている二人。

Ⅿ-1グランプリで披露されるネタもとっても楽しみです!

まとめ

おいでやすこがの結成理由と二人のプロフィールについてお伝えしてきました。

「こがけん」と「おいでやす小田」というピン芸人がⅯ-1グランプリに出場するためにコンビ結成したことが結成理由の一つです。

もともとピン芸人で実力のある二人。

Ⅿ-1グランプリでの優勝となるのか?!

見どころたっぷりのⅯ-1グランプリが今から楽しみです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
umeyamada
umeyamada
30代の三児のママです。毎日、ドタバタ子育てしながら気になることを調べていきたいと思います。