スポーツ

大坂なおみのラケット2021の値段は?スペックについても紹介

現在休養中の大阪なおみ選手ですが

東京オリンピックには日本代表で出場する予定でその活躍には期待が高まっています‼

金メダルが期待されている大坂なおみ選手の使用しているラケットのメーカーや値段

またラケットのスペック、一般販売しているのか気になりますよね。

そこで今回は2021年オリンピックで大坂なおみ選手が使用するラケットの値段やスペックについてご紹介します。

 

大坂なおみのラケット2021のメーカーと値段

大坂なおみ選手は2013年に15歳でプロになり、その時に正式にYONEX(ヨネックス)とスポンサー契約を結びました。

現在はグローバルアンバサダーとして活躍しています。

2021年の全豪オープンで優勝した時に使用していたラケットは

YONEX(ヨネックス)のEZONE 98 NOLIMITEDモデル

定価は33000円(税別)

その実際のラケットはコチラ↓


現在、ラケットの販売価格は約28,000円~30,000円ですが

海外の正規版だと少し安く買うことが出来そうです。

 

 

市販されているラケットを使用していると話題になりましたが

厳密には市販と全く同じ商品ではなく、調整しているとのことでした‼

EZONEシリーズは上級者モデルなので価格は高いのですが

初心者向けのEZONE FEEL定価20000万円(税別)

と、手に取りやすい価格になっています。

販売店によって値段はもう少し安く販売されていました!


大坂なおみ選手のテニスラケット販売本数

グランドスラム4勝の大坂なおみがデザインをプロデュースした

テニスラケット「EZONE NAOMI OSAKA LIMITED」

2021年4月下旬より限定3,000本の追加発売が決定

引用:https://www.yonex.co.jp/

2021年の全豪オープンで2度目の優勝を果たし、通算4度目のグランドスラム制覇という大活躍のおかげで

大坂なおみ選手がプロデュースしたラケットを手に入れたい‼

といった声が多くあり、2021年4月に3000本追加発売されました。

大坂なおみのラケット2021のスペックを紹介

大坂なおみ選手が使用するのはカスタマイズしたものになっているようですが

基本的なスペックは以下の通りです。

製品名 EZONE 98
NAOMI OSAKA
LIMITED
EZONE 100
NAOMI OSAKA
LIMITED
EZONE 100L
NAOMI OSAKA
LIMITED
カラー ホワイト/ゴールド
フェイス面積 98inch2 100inch2
素材 高弾性カーボン+M40X+VDM
重量 G2・3(平均305g) G1・2(平均300g) G1・2(平均285g)
長さ 27inch
価格 オープン
追加発売本数 限定3,000本
原産国 日本
発売 2021年4月下旬

従来品と比べて改良されている部分については以下の様に説明されていました。

EZONEシリーズの性能面の特長としては、一般的な円形ラケットよりスウィートエリアが 7%(※4会社調べ)広い弊社独自の形状理論「アイソメトリック」とトップ部のストリング有効長を拡大したフレーム形状を採用。

さらに、エッジの効いたエアロ断面形状が振りぬき性能を向上させ、フレームのたわみ量は7%(※1従来比)アップ

グリップには特殊な振動吸収素材「Vibration Dampening Mesh」を内蔵し、打ち負けない衝撃吸収性を備えます。

これらの技術により、ボールスピードが最大2.5%※1向上するだけでなく、振動衝撃値が最大7.9%(※1従来比)減少することで、柔らかい打球感をも実現しました。

引用:https://www.yonex.co.jp/

 

大坂なおみのラケット2021の値段は?スペックについてのまとめ

大坂なおみ選手は2021オリンピック初戦勝利を獲得し

にこやかだったのが印象的でした。

大坂なおみ選手の時速200㎞/hのラリーに耐えられるラケットは

市販されている物をカスタマイズしていましたが

大坂選手がプロデュースしたラケットは追加販売しているため

これからテニスを始めようと思っている人も

現在テニスをやっている方も一度は手に取ってみたい商品となっていますね。

2021のテニスでの活躍がますます楽しみですね!

 

 

ABOUT ME
umeyamada
30代の三児のママです。毎日、ドタバタ子育てしながら気になることを調べていきたいと思います。