お役立ち

冒頭文(リード文)についての書き方・注意点について

今回は記事作成のご依頼を受けて頂きありがとうございます!

ウメと申します。どうぞよろしくお願いします(o^―^o)ニコ

ここでは記事作成のポイントなどについてお伝えしていきます!

 

 

タイトルの下にある記事の冒頭部分(リード文)は記事を見に来た人が必ず見る冒頭文の部分です。

ここスペースは冒頭文(リード文)を書いて頂くところになります。

冒頭文ですべてが決まると言っても過言ではありません!

記事を見に来てくれた人が冒頭文を読んで、自分の知りたいことがこの記事に書いていあるかを判断する部分になります。

 

一番大事な冒頭文(リード文)の書き方

記事冒頭(リード文)の1番基本は

「この記事にはこんなことが書いてありますよ」

「あなたの知りたいことはこれですよね!」と

読者さんに分かるようにすることです。これをまず意識してみてください。

 

では次に冒頭文を書く時の決まりをお伝えしますね。

  • 150~300文字程度
  • 指定させていただいたキーワードを2回以上含んで書く
  • 疑問についての共感⇒記事を読んで得られる価値⇒記事の信憑性を上げる権威性

具体例を出します。

キーワード:

【渋野日向子 コーチ 父親】

タイトル:

渋野日向子の父親や家族もスポーツ一家?実力を開花させたコーチは誰?

 

冒頭文:

40数年ぶりにゴルフの全英オープンで優勝した渋野日向子さん。
いきなり出てきたシンデレラガール!といった感じ。

まだ20歳とのことで若いスポーツ選手ってお父さんかお母さんかが熱心で、家族ぐるみでスポーツ一家だったりする場合も多いですよね。(←共感)
渋野日向子さんのお父さんやお母さんはどんな方なのか気になります。(←共感)

また今まで有名選手でもできなかった全英オープン優勝まで導いたコーチはどんな人なんでしょうか?

今回は渋野日向子さんのご両親や家族について、実力を開花させたコーチについて調査しました。(←価値・読んだら分かる事についてかく)

権威性は入っているとベストですが、必ず入っていなくてはダメというものではありません。

しかしそうは言っても慣れるまではなかなか書き始められないと思います。

なかなか書けない時は冒頭文を最後に書く

冒頭文は記事全体の要約がしてある部分なので、ある意味「まとめ」と同じです。

なので、書くときに記事全体がイメージできていないと書くのは難しいかもしれません。

なかなか書けない時は、最後に書くのもアリです!

 

疑問に対する解決策をちょい出しするのもアリ

解決策などは本文にくわしく書いていくのですが

記事冒頭でチラ見せすると興味を持って読み進めてもらうことができます。

「どれどれ?」って感じで興味を引くことが出来ますね。

川栄李奈さんと廣瀬智紀さんが結婚されたそうですが、なんと交際半年のスピード婚だそうで何がきっかけなのか馴れ初めが気になるところですよね。

【解決策の部分】
実はある舞台での役がきっかけみたいなんです。

馴れ初めとなった舞台のタイトルやくわしい役柄(恋人同士役だったなど)は本文に書いていきます。

どうでしょうか、どんな役だったの?って気になって読んでみたくなると思います。

本文の核心部分をちょい出しすると本文にもスムーズにつながるし、興味を持ってもらいやすいので参考にしてください。

 

記事作成時にこれだけは守ってください

 

ABOUT ME
umeyamada
30代の三児のママです。毎日、ドタバタ子育てしながら気になることを調べていきたいと思います。