芸能人

タッキーのコメントが気になる!手越退所について語ったこととは?

手越くんの会見が6月23日20時から自身のyoutubeチャンネルで生放送されました。

その中で語られたのは、ジャニーズ事務所との確執はないということ。

そこで注目されるのは副社長に就任されたタッキーこと滝沢英明副社長の

コメントについてです。

円満退所は本当なのか、事務所ならびにタッキーこと滝沢副社長のコメントは

どういったものなのか調べていきたいと思います。

タッキーのコメントは?

手越くんの退所に伴い、事務所ならびにタッキーから直接コメントはでていません。

直接社長やタッキーと話が出来なかったことについては残念としつつも

会見の中で手越くん本人が質疑応答の中で言及しています。

「対立なんてことは一切ないし、タレントの気持ちをわかってくださる方」と一部報道を否定。

間接的に手越は大丈夫かって心配して下さっていたのが現状なので」とし、

「滝沢くんには感謝しかない。大好きな先輩ですし、もし今後お会いできる機会があって、手伝えることがあるのなら」と語った。

直接の話し合いが出来なかったジュリー喜多川社長にも

「破天荒な自分を守ってくださった」と感謝の思いを明かし

「お礼に行けるのであれば、お礼を伝えたい」とした。

手越の退所について語ったことは

2時間に渡る会見が終了し、手越しくんはツイッターにコメントを出しました。

2時間の会見を見て、何を語ったのか要点をまとめてみました。

退所は5~6年前から考えていた

「5、6年前から『もっと男としてチャレンジしたい』という思いがありました」と以前より退所を考えていたことを明かした。

上記のように発言した上で、2020年3月には退所について事務所に伝えたと話していました。

NEWSは今年「4部作」と位置づけたツアーの最後「STORY」ツアーを行う予定でしたが

ゲネプロを終えた段階で新型コロナウイルスの影響で延期に(その後中止)。

手越くんはそれに触れ「4部作を終えたタイミングで退所しようと思ってました」と告白されました。

メンバー4人の時の楽屋で話したとし、メンバー3人は

「手越とやっていきたいという言葉をかけてくれた。」と語っていた。

不要不急の外出ついて

退所を事務所に伝えてから、話し合いを進める途中で

新型ウイルスの流行があり、ツアーも中止となる中で

いつ事務所から退所を言い渡されるか不安に思い

今後の仕事や方向性を決めるため、打ち合わせとしての外出だったと説明しています。

リモートでの会議を記者から提案されたことについては

大事な事は会って目を見て話するべきと考えて外出したと説明していました。

今後の活動は

今後は実業家として活動したいとの報道がありましたが

手越くんが「こだわりを持ってやってきた“”ということに関しては、今後も主軸としてやっていきたい」

今後もアーティスト活動に重きを置いていくと話されていました。

その媒体としてSNSをメインに発信される予定だということです。

本人の思いについては下記のように答えています。

「タレント、アイドルとしてファンを満足させて虜にして、ファンの人生を救ってあげられるようなパフォーマンスをしていきたい。

ジャニーズからやってきたこだわりを変えるつもりはないし、やっぱり歌やダンス、ステージに立つのは心から好き。

ファンの子が僕らにくれた歓声は忘れられない。

1回悲しい思いをさせちゃったからこそ、いろんなことがあっても手越を応援してもよかったと思ってもらえるようなパフォーマンスをみんなに見せること……

そこに関しては今後も自信を持ってやっていきたいと思っています」

ネットの声

https://twitter.com/Y_Haruka021212/status/1275421347502415875

会見での態度や発言は賛否両論ありましたが

本人の口から説明を聞くことができて良かったのではないでしょうか。

手越くんを応援するのも、見限るのも人それぞれですが

破天荒な彼から今後も目が離せないのは事実だと思います。

まとめ

手越くん本人はタッキーの確執がないと語り、むしろ感謝していると話しています。

タッキーからのコメントは直接出ていませんが、手越くんの心配をされてたとの事です。

会見で語られたのは、5~6年前から退所を考えていたこと。

外出の件については退所後の将来についての打ち合わせとし

今後の活動はSNSを主体に歌やパフォーマンスを中心に活動する予定だそうです。

報道されていることと異なる点も多く語られた会見でした。

ファンもそうでない方も、今後の手越くんの活躍から目が話せませんね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
umeyamada
30代の三児のママです。毎日、ドタバタ子育てしながら気になることを調べていきたいと思います。