東京オリンピック2020

田中希実に兄弟はいる?田中希空も陸上選手で家族全員マラソン一家

女子陸上界の期待のホープ、田中希美選手1500m、3000mの日本記録を持ち、2020東京オリンピックでの活躍も大注目されています。

ところで田中希美選手のご両親は、どちらもアスリートで、実父は田中希美選手のコーチ兼マネージャーを務めています。

ご両親がマラソン選手という環境で育った田中希美選手ですが、妹がひとりいるようです。

妹さんはやはり陸上をしているのでしょうか?

今回は、田中希美選手の妹について調べてみました。

田中希実に兄弟はいる?

(出典:https://www.sponichi.co.jp/)

女子陸上の田中希美選手には、妹がひとりいます。

そして妹の田中希空さんも陸上選手なのです。

まさにマラソン一家なのですね!

田中希実選手には妹が一人いる

田中希美選手の妹、田中希空さんは兵庫県立西脇工業高等学校に通う16歳です。

高校から本格的に陸上を始めたということで、その実力を順調に伸ばしているようです。

田中希空も陸上選手で家族全員マラソン一家

(出典:日刊スポーツ)

2020東京オリンピックでの活躍も注目されている、女子陸上の田中希美選手のコーチ兼マネージャーは元マラソン選手で実父の田中健智さんです。

それだけでなく、母親と妹もマラソン選手だというマラソン一家なのです。

そこで、それぞれ詳しく調べてみました。

田中希空も陸上選手

現在、兵庫県立西脇工業高等学校陸上部に所属する、妹の田中希空さんは2021年4月に行われた東京陸協中距離チャレンジでは、女子800mに出場し、見事組トップを獲得しています!

姉である田中希美選手の事は尊敬しているそうで、腕の振りをまねているという田中希空選手は、スピードを生かした800mや1500mを伸ばして、将来は中距離でオリンピックの舞台を目指しているそうです。

母 田中千洋さんは最強市民ランナー

母親の田中千洋さんは、実は現役マラソン選手です。

中学からマラソンを始めて、兵庫県立小野高校に進学。着実にランナーとしての実力をつけてきました。

その後、夫である田中健智さんと出会い、指導を受けながら市民ランナーとして1997年、北海道マラソンで優勝を果たしています

長女の田中希美選手を出産後、2003年には再度、北海道マラソンで優勝という実力です。

現在も、夫である田中健智さんが運営する陸上の組織「Athrec」では、現役ママさんランナーとしてサポートを務めます。

父 田中健智さんは実業団所属

そして、田中希美選手のコーチ兼マネージャーでもある田中健智さんは、三木東高校で陸上を始め、現役時代は川崎重工に在籍した実業団所属選手でした。

現役時代、3000m障害で選手権で入賞も果たし、1993年には、ハイレベルな福岡マラソンで45位という成績を残しています。

引退後、トクセン工業でコーチを務めていたころに妻となる田中千洋選手に出会ったのではないでしょうか。

田中千洋選手を北海道マラソンでの優勝に導いたのは田中健智さんでした。

その後、「Athrec」を立ち上げ、運営し、陸上イベントの企画・運営を行って、陸上界を盛り上げるための活動を行っています。

田中希実の兄弟もすごかった!田中希空も陸上選手で家族全員についてのまとめ

女子陸上の田中希美選手が2020東京オリンピックでも大活躍しています。

その田中希美選手の家庭は、父親が元実業団選手の田中健智さんと、母親が現役マラソン選手である田中千洋さんという、まさにマラソン界のサラブレットといえる環境ですね。

ところがそれだけでなく、妹の田中希空さんも、高校から陸上を本格的に始め、2021年の4月に行われた東京陸協の大会では、組1着という成績を残すなど着実に力を伸ばしているようです。

ゆくゆくは姉妹揃って、オリンピックの舞台で活躍する日もやって来るのではないでしょうか!

ABOUT ME
umeyamada
30代の三児のママです。毎日、ドタバタ子育てしながら気になることを調べていきたいと思います。